技術連携支援コンサルタント 武石技研合同会社

Technology Matching & Business Creating Consultant 

TAKEISHIGIKEN  Limited Liability Company

原子力、機械を主体とした技術連携による業務支援

設計、開発、研究に関わる技術支援・業務拡大支援

研究開発計画支援、簡易試験による見極め支援

代表 博士(工学) 武石雅之


電話:078-741-7858

携帯電話:090-9620-3229

Eメール:[email protected]

ホームページ:https://takeishigiken.com

 

       〒650-0044

       神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号

       神戸産業振興センター5階 神戸ハーバーオフィス 5-8

            ©Technology Matching &Business Creating Consultant TAKEISHIGIKEN Limited Liability Company

原子力、機械分野のニーズに対し、

貴社と当社シーズを連携した

業務探索と推進の支援

世の中のトレンドに対応し、

貴社と当社シーズを連携した

新事業、新製品企画の支援

研究・開発段階での当社ノウハウ

(人材、組織)を活用した

技術連携支援

技術連携支援コンサルタント 武石技研合同会社の役目


・原子力、機械分野のニーズに対し、貴社と当社シーズを連携した業務探索と推進の支援

・探索したニーズに対し、貴社シーズと武石技研ノウハウ(シーズを有する会社や人材のネットワーク)を組合せたソリューションを提案

世の中のトレンドに対応し、貴社と当社シーズを連携した新事業、新製品企画の支援  

・実施段階では貴社の資源活用をベースに足りない資源を補完し、共同でアウトプットを目指す。


業務概要:

① 機械、原子力系の試験装置計画から試験、評価に関する業務

② 実機に関わる計画、設計、製作、据付け支援業務


業務の流れ:客先ニーズに対応し、以下の手順で解決方法を技術連携支援

① 客先ニーズを聴取し、解決手段の仮説をご提案

② 解決のためのシーズについて、連携する重工、機械、鉄構、計測、試験、製作の各会社と相談し、解決するための方法、体制等を作成。

③ 解決の方法、体制等を客先および連携各社と協議し、今後の進め方を決定。

技術連携支援コンサルタント武石技研合同会社のSDG’sへの取組み

・カーボンリサイクルファンド会員(SDG’s No.7)

・核融合、高温ガス炉水素、高速炉開発への参画(No.7)

・ダム堆砂研究会(No.11)、林業自動化研究会(No.15)への参画

・新事業へのチャレンジ(No.8)

代表 武石雅之のSDG’sへの取組み

・太陽光発電、蓄電池の設置(No.7)

・雨水タンクの設置(No.7)

・ファミリーファームでの野菜栽培(No.2)

・車は使わない。徒歩、自転車、公共交通機関の活用(No.7)

・国連UNHCRへの寄付活動(No.1)




代表 武石雅之の経歴

1979.3 九州大学工学部 化学機械工学科 卒業

1981.3 九州大学大学院工学研究科 博士前期課程 修了

1981.4~1985.3 九州大学工学研究科 化学機械工学専攻 文部教官助手(蒸気研究室)

1985.4~1991.3 大阪大学工学研究科 機械工学専攻 文部教官助手(熱流動研究室)

1991.4~2013.3 三菱重工業(株)神戸造船所にて以下の業務に従事

      ・新型炉プラント設計部

      ・原子力プラント設計部

      ・所の新事業企画グループ 

2013.4~2020.9   三菱重工機械システムにて新事業企画に従事

2020.10~   三菱重工業、三菱重工機械システムの技術連携支援を継続

2021.1~    技術連携支援コンサルタント武石技研合同会社を設立 



代表 武石雅之の最近の学習

・AWS


・JSME